無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

迷い
あなたside
私の選択は間違っているの?
分からない、もう何も分からない…
〜ICUにて
冴島はるか
冴島はるか
あなた先生、点滴漏れてますよ!
あなた

あ、ほんとだ。すいません。

冴島はるか
冴島はるか
ぼーっとする時ありますよね。
あなた

…はい。

冴島はるか
冴島はるか
これ、どうぞ。仕事中ですけど。
あなた

飴ですか?ありがとうございます。

そのレモン味の飴はとても酸っぱかった
喉の奥が熱くなるような思いだった
緋山美帆子
緋山美帆子
あなたー。カテ室とれた?
あなた

はい。30分後には入れます。

緋山美帆子
緋山美帆子
ありがとー。
あなた

はい。

緋山美帆子
緋山美帆子
あ、あと白石と藍沢が明日の朝早く来てほしいって。
あなた

え…。

ーーーー
白石恵
白石恵
藍沢先生、明日の朝あなた先生との話するの一緒にいてくれない?
藍沢耕作
藍沢耕作
何の話だ。辞めるなって説得するのか?
白石恵
白石恵
…辞めるなとは言わない。
けど伝えたいの。あなた先生がいてくれたから救えた命がある。
藍沢耕作
藍沢耕作
白石恵
白石恵
それに藍沢先生の事も解決してないでしょ。
藍沢耕作
藍沢耕作
もう15年だ。あの時にまだ11才だったあなたを傷つけた言動をした事はちゃんと反省してる。でもあー言うしかなかった。
白石恵
白石恵
だったらちゃんとそれを伝えよう。
藍沢耕作
藍沢耕作
…わかった。
ーーーー
緋山美帆子
緋山美帆子
聞いてあげて。白石と藍沢の話。
あなた

分かりました。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆいな
ゆいな
高2女子です!一日中コード・ブルーの事を考えています♡ コード・ブルーに夢や希望をたくさんもらいました。 感謝してもしきれません、ありがとうコード・ブルー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る