第12話

10話
2,445
2021/03/12 00:29
貴女side

烏野との試合も終わり←←←

え?飛びすぎ?しゃーない
駄作者が面倒臭いのと
試合が書けないという理由で飛ばしたんだから
(駄)作者
(駄)作者
すみません…合宿編は頑張ります!!!
消えろ
(駄)作者
(駄)作者
はい…どろん!! |ω・) |・) |) ※パッ
(なまえ)
あなた
赤司…合宿件だけど
烏野高校も入れてくれるなら行くよ
赤司
赤司
烏野?
まぁ、分かった
その烏野がいれば参加するんだな?
(なまえ)
あなた
あぁ
他は認められない
こっちも暇ではない話は以上だ
と携帯をしまい朝練の準備を再び再開する

`・ω・´)∋|ガラッ

貴女「!おはようございます!岩泉先輩!」

岩泉「あぁ、おはよう瓜」

うん!岩泉先輩は相変わらずかっこいいなぁ

及川「あれ!?俺は!?」

……?誰?←

貴女「そうだ
合同連合合宿…やると思いますよ」

及,岩「合同連合合宿?」

貴女「はい、参加しないかと
私に連絡が来まして」

と言うと及川先輩がこちらに来て肩を掴み

及川「なんで勝手に決めるの!?
主将の俺や副主将の岩ちゃんとかに
相談してから決めてよ!」

あぁ…そうか…この人達は
赤司の恐怖を知らない…

貴女「監督や英には相談しましたよ
それに…相手が相手なので…
参加拒否…そんな事は出来ません」

及川「だから!なんで
国見にはして俺らにはしないの!?
そんなに頼りないの!?」

……及川先輩…

貴女「痛いので1回離してください」

及川「あっ、ごめん」

そう言い離れてくれた

岩泉「大丈夫か?」

貴女「えぇ、大丈夫です
赤司家は2人とも知ってますよね?」

岩泉「あぁ、有名だからな」

貴女「そうですか…
そこの息子…赤司征十郎は
私の同級生で部活で選手と
マネージャーという関係でした
赤司は2年生の頃に
部長に任命された頃から
別人のように変わり
最終的に同級生のバスケ部員が
2人辞めてしまいました
赤司は変わり始めて口癖は
“逆らったら親でも殺す”
参加拒否をすると何をするか
分からないんです」
及川「……何それ酷い」

貴女「なので烏野が参加するのなら
参加しますと送っときました」

LIMEの履歴を見せた

岩泉「…しかも、烏野の練習試合前から」

貴女「一応監督やコーチにも知らせときました」

プリ小説オーディオドラマ