無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

14
2021/10/11

第14話

十三話
私の先祖の人達の中に”化物”と関わった者がいた
その者は化物のことを仲の良い友達と考えていたらしい
しかし、化物の器に残した能力が呪いと知った時
絶望した
むゆ
むゆ
私は…サタンさんから信用されて…なかった?
むゆ
むゆ
そんな………
むゆ
むゆ
じゃあこれまでのサタンさんは…偽ってた???
むゆ
むゆ
嘘だ
むゆ
むゆ
嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
弘樹  尚
弘樹 尚
むゆちゃん!
むゆ
むゆ
っ!
弘樹  尚
弘樹 尚
大丈夫だよ…私
弘樹  尚
弘樹 尚
呪われていても生きていけるから…!
むゆ
むゆ
なお…ちゃん
むゆ
むゆ
うわぁぁぁぁぁぁぁぁんぅぅぅぅ(இдஇ`。)
薄葉  澪玲
薄葉 澪玲
ぐはぁ(吐血)
サン
サン
薄葉  澪玲
薄葉 澪玲
能力…はぁはぁ
薄葉  澪玲
薄葉 澪玲
fellowshipglutinous starch syrup(友情の水飴)
サン
サン
…動けない
薄葉  澪玲
薄葉 澪玲
………さようなら
薄葉  澪玲
薄葉 澪玲
素敵な試合を………ありがとう……パタッ