無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

目黒side

おはようございます。
あなたはまだ俺の腕の中で眠っております。

ま、昨日はですね。案の定抑えきれなくなりまして。はい。




目黒)可愛いな〜 ヨシヨシ

鷹橋)ん、〜 れん、、ギュッ

目黒)うぉっ/////




可愛すぎて起こしたくないけど起こさないと
片付け終わってないんだよ笑



目黒)あなた?起きて〜

鷹橋)ん〜、、

目黒)あなた?

鷹橋)、、、

目黒)チュッ

鷹橋)ん、れん、?

目黒)おはよ 起きて??

鷹橋)やだぁ、

目黒)片付け終わらさないと明日から仕事だよ??

鷹橋)あ、そっか、、 ヨイショッ
いたたたた、

目黒)大丈夫?笑

鷹橋)蓮のせいだ!蓮の!

目黒)ごめんって笑

鷹橋)蓮が激しくするから!

目黒)まだ朝だけどまたヤる?

鷹橋)ヤりません。

目黒)あーあー。可愛かったな〜。
昨日のあなた。めっちゃエロかったよ

鷹橋)いや、やめて?お願いだから。

目黒)事実だけど?

鷹橋)起きるから黙ろっか。

目黒)はいよ笑

鷹橋)蓮、

目黒)ん?

鷹橋)ギューして。

目黒)ギュッ

鷹橋)よし。おっけい!

目黒)朝ごはん食べよ笑