無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,054
2020/04/11

第7話

smsn 喧嘩(?)2 リクエスト
snr side

明日は志麻くんと付き合って1年記念日です!


サプライズプレゼント買おうと思ったんやけど、
僕には何買ったらええかさっぱりやから
男友達の多い、女友達に一緒に選んでもらってます〜
mb
mb
彼氏さんはどんな感じの人なん?
センラ
センラ
んー、めっちゃカッコよくて、
優しくて、面白くて、気遣いも出来て、
僕にはもったいないくらいの人やわ
mb
mb
めっちゃええ人なんやね(*'▽'*)
センラ
センラ
そや!まあ、
強いて言うなら変態やけどなw
mb
mb
wwwwww
mb
mb
あ、こんなんとかどう?
友達がみせてくれたのは
鍵の形をしたペアのネックレス。

めっちゃカッコイイし、
なんでも似合う志麻くんは
絶対かっこよくなるはず!
(あ、元からかっこええねんけどな?)
センラ
センラ
ええやんそれ!
それにしよっ!!!
mb
mb
うちのおかげやな!ィェーィ
センラ
センラ
ィェーィ(=´∀`)人(´∀`=)

明日喜んでくれるとええなぁ…♡














sm side


俺がペアリングを買った店から
それほど遠くないアクセサリーショップに
センラさんがいるらしい






壁|ω・`)チラッ


志麻
志麻
………………!?


そーっと壁から店内を覗くと、
いつも通りの爽やかな笑顔の
センラさんの横に、
小柄な可愛らしい女性がいた。



何やら楽しそうに話している手には
ペアらしきネックレスが見えた。


志麻
志麻
センラさん、、
やっぱり女の人が好きなんやね…
そりゃそうやんな…
センラさんだって男やもん。
女の人のこと好きになるよな。


男やのに、男のセンラさんを好き、っていう
俺がおかしかったんや………




そう考えたら涙が頬を伝った。

胸がキュウッと締め付けられたようで苦しくなる。
早く帰りたい。

女性と楽しそうに話しているセンラさんから
一秒でも早く目を背けたい。



そうして俺は、
さっき買ったペアリングを手に握りしめて
家まで走って帰った。



いつもなら、一緒に買い物をしたら
センラ
センラ
今日の晩御飯は何にします?
って言いながらセンラさんが
玄関ドアを開けてくれる。


でも今はいない。
今頃カフェとかで楽しくコーヒー飲んで
お喋りしてたりするんやろな…



1人でリビングにいると、やけに寂しくなる。

壁にかかった時計の秒針を刻む音だけが
少し広めのリビングに響き渡った。
















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


作者
作者
次に続きます
((意外と長くなっちゃったんだよね))