無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

鼻 4
27
2022/01/18 04:00
内供
 ――前にはあのようにつけつけとは哂わなんだて。
 内供は、しかけた経文をやめて、禿げ頭を傾けながら、時々こうつぶやく事があった。愛すべき内供は、そう云う時になると、必ずぼんやり、かたわらにかけた普賢ふげんの画像を眺めながら、鼻の長かった四五日前の事をおもい出して、「今はむげにいやしくなりさがれる人の、さかえたる昔をしのぶがごとく」ふさぎこんでしまうのである。――内供には、遺憾いかんながらこの問に答を与える明が欠けていた。
 ――人間の心には互に矛盾むじゅんした二つの感情がある。勿論、誰でも他人の不幸に同情しない者はない。所がその人がその不幸を、どうにかして切りぬける事が出来ると、今度はこっちで何となく物足りないような心もちがする。少し誇張して云えば、もう一度その人を、同じ不幸におとしいれて見たいような気にさえなる。そうしていつの間にか、消極的ではあるが、ある敵意をその人に対して抱くような事になる。――内供が、理由を知らないながらも、何となく不快に思ったのは、池の尾の僧俗の態度に、この傍観者の利己主義をそれとなく感づいたからにほかならない。
 そこで内供は日毎に機嫌きげんが悪くなった。二言目には、誰でも意地悪くしかりつける。しまいには鼻の療治りょうじをしたあの弟子の僧でさえ、
弟子の僧
内供は法慳貪ほうけんどんの罪を受けられるぞ
と陰口をきくほどになった。殊に内供を怒らせたのは、例の悪戯いたずらな中童子である。ある日、けたたましく犬のえる声がするので、内供が何気なく外へ出て見ると、中童子は、二尺ばかりの木のきれをふりまわして、毛の長い、せた尨犬むくいぬいまわしている。それもただ、逐いまわしているのではない。
中童子
鼻を打たれまい。それ、鼻を打たれまい
はやしながら、逐いまわしているのである。内供は、中童子の手からその木の片をひったくって、したたかその顔を打った。木の片は以前の鼻持上はなもたげの木だったのである。
 内供はなまじいに、鼻の短くなったのが、かえってうらめしくなった。
 するとある夜の事である。日が暮れてから急に風が出たと見えて、塔の風鐸ふうたくの鳴る音が、うるさいほど枕にかよって来た。その上、寒さもめっきり加わったので、老年の内供は寝つこうとしても寝つかれない。そこで床の中でまじまじしていると、ふと鼻がいつになく、むずかゆいのに気がついた。手をあてて見ると少し水気すいきが来たようにむくんでいる。どうやらそこだけ、熱さえもあるらしい。
内供
 ――無理に短うしたで、病が起ったのかも知れぬ。
 内供は、仏前に香花こうげそなえるようなうやうやしい手つきで、鼻を抑えながら、こう呟いた。
 翌朝、内供がいつものように早く眼をさまして見ると、寺内の銀杏いちょうとちが一晩の中に葉を落したので、庭は黄金きんを敷いたように明るい。塔の屋根には霜が下りているせいであろう。まだうすい朝日に、九輪くりんがまばゆく光っている。禅智内供は、しとみを上げた縁に立って、深く息をすいこんだ。
 ほとんど、忘れようとしていたある感覚が、再び内供に帰って来たのはこの時である。
 内供は慌てて鼻へ手をやった。手にさわるものは、昨夜ゆうべの短い鼻ではない。上唇の上からあごの下まで、五六寸あまりもぶら下っている、昔の長い鼻である。内供は鼻が一夜の中に、また元の通り長くなったのを知った。そうしてそれと同時に、鼻が短くなった時と同じような、はればれした心もちが、どこからともなく帰って来るのを感じた。
内供
 ――こうなれば、もう誰もわらうものはないにちがいない。
 内供は心の中でこう自分にささやいた。長い鼻をあけ方の秋風にぶらつかせながら。
(大正五年一月)