無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

21
2021/06/30

第6話

処刑
体育館に行くとギロチンが置いてあった
そこに光が張り付けられていた
口は縛られており、喋る事が出来なくなっていた
南 光みなみ ひかる
んー!んーんー!
木在 錬きさら れん
光!
錬は助けに行こうとしているが、周りにある柵が邪魔で行くことが出来なくなっていた
木在 錬きさら れん
っ…!
笹目 雪ささめ ゆき
錬君…光は…
木在 錬きさら れん
待ってろ、光!
廊下にあったホウキを使い柵を壊そうとする
だが、
校長
そんな事してもダメだよ~
木在 錬きさら れん
うるせぇ!じじぃ!
校長
そんな事言うなら君が彼と代わってやればいいんじゃない?
木在 錬きさら れん
…!
木在 錬きさら れん
それは…
校長
まあいいや
校長は台の上に立ち、マイクごしに話し掛けた
校長
今から処刑が始まります
校長
見たくない人は体育館から出てくれても構わないよ
モブん
私、見たくないかな…
モブん
トラウマになりそうだしな
皆揃って外に出ていく
赤井 翔太あかい しょうた
あなたは出ないのか
あなた
皆の最後は見届けてあげたいなって
赤井 翔太あかい しょうた
ふーん
赤井 翔太あかい しょうた
俺はこえーから出とくな
あなた
分かった
木在 錬きさら れん
俺は残る
笹目 雪ささめ ゆき
錬…
雪は走って外に出た
神無月 未歩かんなづき みほ
私も見届けてあげたい
神無月は悲しい表情をしていた
あの顔は偽物だよな…


あんな顔したくないだろうに
光は諦めたのかじっと黙っている
校長
じゃあ処刑を開始します
手元にあった紐を離した
すると、刃物が光の首を容赦ようしゃなく切り着けた
周りには赤い血が飛び散り、錬の目の前に光の顔が転がっていった
木在 錬きさら れん
あ…あぁ…あ…
泣きたくても涙が出なかった
そもそも俺は泣く必要がないんだった
柵やギロチンがしまわれ、血と死体だけが残った
木在 錬きさら れん
光…
光の頭を持ち上げ抱き締めた
木在 錬きさら れん
光!!!!
錬は声を出して泣きわめいた
あなた
そろそろ出ようか
神無月 未歩かんなづき みほ
うん
錬を置いて俺達は外に出た