無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

スイカ鬼



.






むかしむかしあるところに
元気なおじいさんとおばあさんが
高間山という山の村に住んでいました



おじいさんは海へ釣りに
おばあさんは畑へ野菜を取りに行きました



おじいさん
おじいさん
今日はたくさん釣ってくるわい
行ってくるわい
おばあさん
おばあさん
はい
おばあさん
おばあさん
行ってらっしゃい
おばあさん
おばあさん
私もたくさん野菜取ってきます


こうしていつもどおりおじいさんが
先に出ていきました




2時間後




おじいさん
おじいさん
ただいま
おじいさん
おじいさん
あれ?
おじいさん
おじいさん
帰って来てないのか
おじいさん
おじいさん
心配じゃ

いつもはおばあさんのほうが
早く帰って来ているはずだが
まだ帰ってきていません





30分後




おじいさん
おじいさん
あれ?
おじいさん
おじいさん
まだか?
おじいさん
おじいさん
心配じゃ
畑に行って迎えに行こうかのう


おじいさんは心配になり、
おばあさんを迎えに行きました




畑に着くと




おばあさん
おばあさん
おじいさん 大変大変
おばあさん
おばあさん
大きいスイカが取れました
おじいさん
おじいさん
それは大変じゃ
おじいさん
おじいさん
持って帰るのも無理そうじゃ
おじいさん
おじいさん
ここで食べようか


スイカを割ってみると…



スイカ鬼
スイカ鬼
こんにちは
スイカ鬼
スイカ鬼
僕の名前はスイカ鬼
スイカ鬼
スイカ鬼
よろしくね
おじいさん
おじいさん
鬼だ〜
逃げろ〜
おばあさん
おばあさん
きゃ〜
スイカ鬼
スイカ鬼
怖がらないで
スイカ鬼
スイカ鬼
食べたりしないから
おじいさん
おじいさん
そうなのか
おばあさん
おばあさん
安心
スイカ鬼
スイカ鬼
急だけどこれから二人の家で
住んでもいいですか?
おじいさん
おじいさん
どうしようか
おばあさん
おばあさん
私はいいですよ
おじいさん
おじいさん
よし決めた
おじいさん
おじいさん
一緒に住もうかのう
スイカ鬼
スイカ鬼
ありがとうございます


スイカ鬼と一緒に住むことになりました






1週間後





おじいさんとおばあさんは
スイカ鬼との生活に馴染み
幸せに暮らしたとさ


めでたしめでたし












最後まで読んでいただき
ありがとうございました







.