無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

怖い夢
そこは真っ暗な世界で








どこにいっても誰もいない。








声を出しても








響かない。








突然現れた白い扉。








あなたは安心して扉をあけた。









そこにあったのは









大好きなみんなの









無残な姿だった。









あなたは絶望した。








目の前が真っ白になった。









怒りがこみ上げてきた。









あなたは、














グサッ














自分の喉に刃を突き刺した。














~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~














あなた
…!…







朝起きると









流れていた涙に









動揺が隠せない。









あなた
え…あ…た…












みんな…









起きてるかな?














~~~~LINE~~~~














あなた
おはよ
あなた
みんな生きてる?
あなた
みんな元気?
丈くん
どしたん?
丈くん
急に
あなた
ん、後で話す
あなた
はよみんなに会いたい。
西畑
え、なんか怖いねんけど。
西畑
熱でもあるん?
あなた
ない。
はっすん
今日、レッスン10:00~やで。
はっすん
ちょっと早く集まる?
あなた
いや、大丈夫。
あなた
急に心配になっただけや。
はっすん
せやらええんねけど。
あなた
んじゃ、後で~












~~~~LINE~~~~














あと4時間もあるんか…









嫌やな。














ピコンッ














ん?














~~~~LINE~~~~














西畑
がちめにどした?
西畑
ホンマに大丈夫なん?
あなた
う~ん
西畑
今から会える?
あなた
おん
西畑
顔洗って待っとき。
西畑
あ、直でレッスン行くからな
あなた
ありがちょ













~~~~LINE~~~~














ほんまいつでもお見通しやな。









タピオカ行こ。














その後西畑に、タピオカ奢ってもらって









上機嫌なあなたでした。









デレのあなたかわええ♡←by西畑