無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

じょーくん
あなた
じょーくん、じょーくん
丈くん
ん?
あなた
たんおめ。
丈くん
あざます。





きょ、う、は、!




じょーくんの誕生日ぃ!




2月8日!




なにわの最年長がまた年を取りましたぁ




おじーちゃんやなぁ




え、じょーくん今何歳?




丈くん
24。
あなた
え、聞こえてた?
丈くん
誰がじいちゃんやねん。





聞こえてたらしいです☆




あなた
プレゼント欲しい?
丈くん
え、
あなた
え、
丈くん
くれるん?
あなた
あ、いらんかった?
丈くん
いやー年下の女の子に貰うのもなぁ…
あなた
いいよ。今日は誕生日なんだし。
丈くん
え、じゃあちょうだい♡





おめめをキラキラさせて言ってきます☆




あなた
はい♡





さて、何を上げたでしょーか。




チクタクチクタクチクタク




正解はy
丈くん
あ!これめっちゃうれしい!





遮られましたぁ




あげたのはね、クッションです。




じょーくんってさ、野球見にいくやん?




あの椅子硬いんよぉ




で、




でね?




おじーちゃんだし、腰が痛いかなぁ




って思って、




移動できる、ふわふわの小さいクッションにしたぁ




丈くん
あざまる
あなた
どいたま





P.S.じょーくんおめでと♡

   じょーくんの誕生日を祝って

   じょーくんのかっこいい写真さらします

   あ、更新遅れてごめん。