無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

私とイケメンさん
みう
あ、あなたっ。  おはよー!
いつも通りの朝、いつも通りの時間。


そしてやっぱりいつも通りの駅のホームで、友達である美羽みうが私を呼んだ。


私はどこにでもいる、平凡な高校1年生だ。


取り柄は、いつも元気なことくらい。


私はあくびをしながら、
You💕
おはよー
と返した。
美羽の横には、静かにスマホを触る『すず』がいる。


工藤鈴葉くどうすずはだから、すず。


でも彼女自身はすずという程、凛とはしていなくて……


どちらかと言うといつも元気で明るいイメージ。


美羽とすずと私は、よく一緒にいるメンバーだ。


だから今日も問題なくいつも通りの顔ぶれで、私達は電車を待っていた。
You💕
ふああ…………ねむーい
みう
あなた、今日あくび多いねぇ。
昨日ちゃんと寝た?
寝不足はお肌の大敵だよ〜!
そんなことを言って、美羽が私の頬をムニムニとつまむ。


美羽は女子力の塊のような子で、キャピキャピしている。


なんていうか、"The女子"って感じ。


私とは正反対だ。


美羽は女子高生らしく髪をクルクルに巻いたりしているけど、私は肩口までのボブ。


化粧っ気もないし、自分で自分が心配になったりならなかったり……。


You💕
昨日はねー、遅くまで録画してたドラマを見てたんだよねぇ。
弟がなかなかテレビの主導権を譲らなくて
昨日の夜の出来事を思い出して、ムッとする。


ホントうちの弟は、姉を敬う気は全くないからなぁー。


困ったもんだ。


おかげて姉は睡眠不足ですよ。
みう
アハハ、またぁ?
あなたってよく弟くんと喧嘩するよねぇ〜
You💕
あいつが悪いんだもん
私と美羽がそんな会話をしている間も、すずは無言でスマホを触っている。


これもいつも通り。


会話に混ざりたい時に混ざる。


すずは気まぐれなのだ。


──トゥルルルル…………。


やがて電車が来て、3両目に私たちは乗り込んだ。


ガタンガタン、という不規則な音を立てる電車に揺られながら、高校のある市を目指す。


車内にはほどほどに人がいる。


ぎゅうぎゅうに詰め込まれて満員という訳ではないけれど、空いている席やつかまれそうな高さのつり革はもう残っていなかったから、ドアの近くに3人で立った。


季節は秋。

少しずつ寒くなっていく、9月だ。


…………あー、やばい。 眠い。


眠気に負けないように必死に耐えていると、なんだかイライラしてきた。


全ては、弟のせいだ。


いつもなら、もっと元気よく美羽と、時々すずと楽しく話しながら登校してるのに。


そう。


いつも通りじゃなかったのは私がイライラしていたことくらいだった。


なんとなく視線をずらして、見えた先で。


痴漢に震えている女性を、見つけるまでは。
You💕
………………!!!
びっくりして、寝不足で落ちそうになっていた瞼を勢いよく開く。


中年太りしたおじさんが、か弱そうな女性のお尻を触っている。


女性は今にも泣きだしそうなほど震えて、俯いていた。


2人ともスマホに夢中で、気づいていない。


さて、どうしようかと考える。


私はこういう時、見て見ぬフリが出来ないタイプだ。


ともかく、痴漢を止めなければと思った瞬間、辺りがざわめいた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Mippy💙
Mippy💙
AAA,真ちゃん寄りのAll 水溜りボンド パオパオチャンネル まだ未熟ですがぜひ小説を読んでみてください!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る