無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

🌻


















































そひょんの涙をテヒョンさんが拭っている間に、グクが隣に来た。
あなた
あなた
どうしたんですか?
🐰
🐰
あの……実は僕、熱愛の記事が出るみたいで……。
私は内心喜んだ。
これでグクは私との恋愛は諦めてくれる。
そう肩を撫で下ろし、疑問に思ったことを聞いた。
あなた
あなた
それって誰となんですか?
🐰
🐰
決まってるじゃないですか!
あなたですよ。
あなた
あなた
ん?
あなた
あなた
私!?
🐰
🐰
はい。
あなた
あなた
私たち付き合ってませんよね?
🐰
🐰
付き合ってますよ?
あのキムチチゲの帰りに僕があなたをおぶって帰ったのが記事になるみたいです。
そう言うとグクは紙を取り出した。
🐰
🐰
これです。
そこには、
『BTSジョングク熱愛彼女とのキムチチゲデート』
とでかでかと書いてあった。
「BTSのチョン·ジョングクは今月27日に彼女とのキムチチゲデートの様子が激写された。
グクの彼女はグクよりも2歳年上だそうだ。
お酒が弱いにも関わらず、幸せそうな顔でビールを3杯飲み、グクがおんぶをして、部屋まで帰るという普通のカップルと何ら変わらないデートだった。
世界的有名アーティストBTSのチョン・ジョングクと一般女性との熱愛にARMY(BTSのファン)はどのように感じたのだろうか。」
よく目を通すとそんなふうなことが書いてあった。
あなた
あなた
お酒が弱いのにとか小動物みたいとかなんか失礼な書き方されてます。
🐰
🐰
熱愛は事務所として認めたんで、報告でした。
あなた
あなた
待って、私認めてないんですけど?
🐰
🐰
社長も喜んでたんで今度一緒に食事でもって誘われました!
あなた
あなた
私の声聞こえてます?
🐰
🐰
もうタメでいいですよね?
あなたの方が2個年上ですけど。
あなた
あなた
いいですけど。
私の声聞こえてます?
🐰
🐰
僕練習あるんで、じゃあ
あなた
あなた
はあ……。
こうして私とグクの矛盾だらけのカップル?生活が始まった。