無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🌻


















































会場から出て、テヒョンさんに呼び出されたことを思い出して、
化粧を直しに、トイレに行った。
カトク
あなた
あなた
サイン会終わったよ。
そひょん
そひょん
ありがと♡♡♡
何もなかった?
あなた
あなた
あのグクって人マジで有り得ない。
そひょん
そひょん
グクになんかいわれたの?
あなた
あなた
急に手握ってきて、媚び売らないんで勘違いしないでくださいね?って!
あなた
あなた
知らんわ
別にファンじゃないのに!
そひょん
そひょん
ᄏᄏᄏㅋㅋ
他は?変わったことない?
あなた
あなた
テヒョンさんに後で楽屋に来てって言われた。
そひょん
そひょん
진짜?
あなた
あなた
うん。
まあ行ってくる。
そひょん
そひょん
いってら。
✂︎--------------------------------------------------------------------✂︎
楽屋前
スタッフ
ちょっと、ここから先関係者以外立ち入り禁止なんです。
スタッフの方に止められ、私は
あなた
あなた
テヒョンさんに後で楽屋に来るように言われたんですけど……?
スタッフ
そうでしたか。
念の為、住民証を確認させてください。
私は住民証を確認してもらい、楽屋へ急いだ。