無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

🌻


















































その出会いの始まりは1本の電話だった。
そひょん
そひょん
ヨボセヨ〜
あなた
あなた
どうしたの?そひょん?
そひょん
そひょん
サイン会体調悪いから行けれん。
ミアネ〜🙏
あなた
あなた
そっかー
じゃあ私は明日買い物行こうかなㅋㅋ
そひょん
そひょん
え?あなたは行くんだよ?
あなた
あなた
ん?も1回言ってくれる?
そひょん
そひょん
あなたは私の代わりにサインもらってきてね?
あなた
あなた
マジで?
そひょん
そひょん
嘘はつかないよ?
そひょん
そひょん
てひょんにお誕生日おめでとうって伝えて、あなたに預けといたくまのカチューシャ渡しといてくれる?
あなた
あなた
てひょんって誰だよㅋㅋ
そひょん
そひょん
そこから?
あなた
あなた
だってBTS知らないんだもん
そひょん
そひょん
てひょんってどの人ですか?って聞いたらメンバーの誰かは教えてくれるよ♡
あなた
あなた
それってガチでめんどくさいやんㅋㅋ
そひょん
そひょん
お願いだから〜🙏
あなた
あなた
分かったよㅋㅋ
この電話が私の人生を変えるとは知らずに私はサイン会のために美容院に行くことにした。