無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

176
2021/08/12

第7話

No.7


今日は国見の番だ。







国見は結構策略士だからなに質問してくるか怖いな…






割とすぐバレそう…なんて思っちゃうな…。





バレちゃったらもうこんなこともできないし、気まずくなるだけだよね。






ブーッブー




そんなこと考えてると、スマホのバイブレーションが私の勉強机から鳴った。




あー多分国見からか




少し緊張してそわそわした気分でスマホ開くのが好きになってきたり。




< くにみ
くにみ
くにみ
今日の質問は俺からでいいんだよね
あなた

うん

あなた

あ、質問のネタなかったらいいんだよ?やんなくてもw

くにみ
くにみ
それ答えたくないだけでしょw
くにみ
くにみ
躊躇なく質問させてもらうw
あなた

はいはい、どーぞどーぞw

くにみ
くにみ
じゃあ気になる人は運動部?文化部?
あなた

えー、運動部

くにみ
くにみ
ふーん
くにみ
くにみ
なるほどねー
あなた

え、もしかして分かっちゃった系??

あなた

えーはっず…

くにみ
くにみ
まだなにも言ってないんですけど
くにみ
くにみ
しかもまだわからないし
あなた

ほっ、、、安心

あなた

国見はどっち?

くにみ
くにみ
微妙だけど多分運動部
あなた

あなた

なにそれww

くにみ
くにみ
いやほんと微妙
あなた

吹奏楽部とか?

あなた

あれほとんど運動部だけど文化部じゃんw?

くにみ
くにみ
さあね〜
あなた

あ、これ来たかもw

あなた

ちょっと眠いからおやすみ

くにみ
くにみ
珍しいねw
くにみ
くにみ
おやすみ






確定ではないけど、これ吹奏楽部の子かな…、、。






ちょっと悲しくなっちゃって勝手に会話終わらせちゃったけど…






あーぁ…少ない時間無駄にしちゃったかな…