無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

155
2021/08/17

第17話

No.17


そんなこと話しながら私が寝落ちするまで電話してて、分かったことがあって





桜子ちゃんはあれ、衝撃の事実だったんだけど、ちっちゃい頃からの幼馴染らしい。





夜中なのに大声出して驚いちゃったw






英曰く、隠してたつもりなかったんだけど、面倒だから言わなかったらもっと面倒なことなった。って。




でも絶対桜子ちゃん英に気があると思うんだけど、、、。



のえ達に聞いてみよ。





それよりのえと幸に言わなきゃ!







*







今日も教室で英と桜子ちゃん話してる…。




付き合ったのにさ〜…





ずっと英の方見てたら英が気づいたんだけど…







やったわこれ






国見「そういえばやっと付き合えた」





桜子「え!やっと?おめでとう!!」




え?やっとって何? 





『ちょっと話が掴めないんですけど…?』





桜子「あのね、英ずっと私に相談してたんだからw」





国見「おい、言うなって」


『ん?桜子ちゃんちょっとその話詳しく』





桜子「英が私に「大宮が避けてる気がする〜」とか、「どうすればいいと思う?」とかずーっと言ってきたの」





桜子ちゃんって思ったより気さくで話かけやすい子だな〜…w





のえ「ちょっと話聞いてたけど、付き合えたの?」





『え?!いつからいたの?!』




幸「私もいるからね?!」




のえ「でやっと付き合えたの?」



国見「やっと…?」




幸「あなたもずっと言ってたんだからねw」





『ちょっ!!』




それは言わないで!!!






のえ「ま、とりあえずおめでとう!」




幸「うん!おめでとう!」







いい友達に恵まれてよかったな〜!




すっごい楽しい!