無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

隣の席
隣の人は1回も起きず一日が終わろうとしている












先生)おい、起きろ!
〇〇)……ん、ぉはようございます
先生)もう、HRだぞ
〇〇)あ、隣いんじゃん
先生)猫田だ、仲良くしてやれよ


と言い、先生は離れて行った。

壱馬)俺、川村壱馬。宜しく
)あ、猫田杏です。宜しくお願いします
壱馬)俺、だいたい寝てっから、なんかあれば起こして
)あ、はい


先生)んじゃ、解散















)ただ今帰りました
北人)今日、どうだった??
)あ、隣の人と話しました
北人)男?女?
)男の人です。
北人)…そっか
)?どうかしました?
北人)……いや!何も無いよ


今日は北人くんの様子が変だ。
何かあったのかな?

壱馬くん話しやすい人で良かったー
ずっと寝てるから、やばい人かと思っちゃった。







作者
続く