無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

始まり
私は今、引越しの作業をしています。


小さい頃
おばあちゃん家に夏休み戻っていた時に
出会った男の子が忘れられません。

その子の名前も住んでる場所もわからない

でもひとつだけ約束をしました。



“ 高校1年生になったら東京で会おう ”



と約束しました。
その約束を胸に私は今日、上京してきました!!




お父さんが心配性のため、シェアハウスに住むことしました。




ピンポーン

〇〇)あ、新入りさんだよね??

優しそうな女の人が迎え出てくれました。

)はい
〇〇)どうぞ、入って
)お邪魔します
望)あ、初めに私はここの住人の 栢木 望(カヤギノゾミ)です。
)猫田 杏(ネコタアン)です。宜しくお願いします。
望)ここの住人は私含め3人いるの
望)まあ、男なんだけどね
)あ、そうなんですね










私達はリビングにきた



望)はい、紹介しまーす!!
望)新入りの杏ちゃん
望)はい、次アンタら
アンケート
ココから2人選んで下さい。

①片寄涼太
②川村壱馬
③白濱亜嵐
④吉野北人