無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

114
2021/04/14

第3話

男子よりもイケメン
(なまえ)
あなた
……(どうしよう、これ案内とかした方がいいやつ…?)
零夜
零夜
…………ねぇ
(なまえ)
あなた
ッひゃい!
(なまえ)
あなた
あ、噛んじゃった…
零夜
零夜
(   ˙ㅿ˙   )
零夜
零夜
(  ´꒳​`  )ふふっ
(なまえ)
あなた
(…!笑った!)
(なまえ)
あなた
あ、えと、それで、私に何か用かな?
零夜
零夜
…学校の中を案内してくれないかな?
(なまえ)
あなた
(❁´ω`❁)もちろんいいよ!
零夜
零夜
ありがとう
(なまえ)
あなた
じゃあ、まずは、ーーーー
そして、私は零夜くんを案内した。
図書室、体育館、職員室、食堂、、、。
(なまえ)
あなた
さ、あと2箇所だよ!
零夜
零夜
うん
(なまえ)
あなた
先にグラウンドに行こ!
(なまえ)
あなた
いつも男子がサッカーとかで使ってたり、女子がお喋りしてたり、結構自由に使ってるよ
モブ
きゃーーーーーーッ
零夜
零夜
!?
(なまえ)
あなた
グラウンドから聞こえたね、行ってみよう!
モブ
落ちる、助けて、誰か!
モブ
こっちに手を伸ばして!
(なまえ)
あなた
っ、なんで木の上に登ってるの?
モブ
可愛い花が咲いてたから、取ってくるって登って行ったのッ!
零夜
零夜
あっ、落ちる!
モブ
きゃぁぁぁッ
(なまえ)
あなた
グヘッ) ゚д゚ )
モブ
あなたちゃん!?
モブ
怪我してない?
(なまえ)
あなた
うん、私は大丈夫(´˘`*)
(なまえ)
あなた
モブちゃんは?
モブ
あなたちゃんのおかげで私も無事、ありがとうッ!
(なまえ)
あなた
怪我がなくてよかった、あの花が欲しいの?
モブ
うん、可愛かったから…
(なまえ)
あなた
そっか、ちょっと待ってて(´˘`*)
(なまえ)
あなた
シュッシュッ(木に登る)
モブ
あなたちゃんの運動神経すごいね‪w
(なまえ)
あなた
プチッ
(なまえ)
あなた
シュタッ
(なまえ)
あなた
はい、どうぞ(´˘`*)
モブ
あ、ありがとう!
(なまえ)
あなた
さ、零夜くん、行こう!
零夜
零夜
あ、うん、ちょっと待って、速い
(なまえ)
あなた
はーやーくー!