無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第5話
ちゅっ

蘭風に優しくキスをする
御門 蘭風
御門 蘭風
んっ、、、///
白魔 麗夢
白魔 麗夢
(心 口、柔らか、、、)
舌を口の中に入れ、絡める
御門 蘭風
御門 蘭風
んっ///(ゾクゾクッ
キスを辞め、ワイシャツのボタンを外し

ブラを下げて胸を揉む
御門 蘭風
御門 蘭風
っ!//
スイッチが入ったのか
白魔 麗夢
白魔 麗夢
っはは、、、
乳首立ってるし、硬くなってる
爪でカリカリする
御門 蘭風
御門 蘭風
あっ、、、//
白魔 麗夢
白魔 麗夢
あ〜んっ
乳首を咥え舌で舐めたりクリクリしたりする
御門 蘭風
御門 蘭風
あぅ、、、んっあっ///
白魔 麗夢
白魔 麗夢
ん〜、おいひいよ〜
喋りながら、甘噛みしてクリクリする
御門 蘭風
御門 蘭風
やめっ、、、///
離れ
白魔 麗夢
白魔 麗夢
無理〜
スイッチ入っちゃったもん
それに、こんな状態でやめろって言うの?
下を触る
御門 蘭風
御門 蘭風
んぁっ///
触られてる手をどかそうとする
白魔 麗夢
白魔 麗夢
ほら〜
止めてみなよ
止めないと、いつまでも動かすよ?
筋をなぞる
御門 蘭風
御門 蘭風
、、っ!
ビクビク
白魔 麗夢
白魔 麗夢
ん〜?どうしたの?
止めないの?
御門 蘭風
御門 蘭風
っ!
殴ろうとするが力が出ず諦める
御門 蘭風
御門 蘭風
む、むり、、、
力、、、出ない、、、
白魔 麗夢
白魔 麗夢
あらら、困ったね
御門 蘭風
御門 蘭風
お前の、、、好きにしろ
白魔 麗夢
白魔 麗夢
りょーかいっ
ぜってぇ〜気持ちよくさせてやる
蘭風のアソコを慣らし麗夢のアレを入れる
御門 蘭風
御門 蘭風
っ!(心 こいつ、、思いっきり、、、。
目がチカチカする)
白魔 麗夢
白魔 麗夢
びちゃびちゃで締まっててきっつ、
まぁ〜いいや
動くよ
激しく動く
御門 蘭風
御門 蘭風
ひゃっ、、、ちょっ、、は、はげし、、い///
白魔 麗夢
白魔 麗夢
どう?気持ちい?
御門 蘭風
御門 蘭風
うるさい、、、。///
白魔 麗夢
白魔 麗夢
言ってくれないと、止めるよ?
御門 蘭風
御門 蘭風
っ、、、き、きも、、ち、いい((ボソッ
白魔 麗夢
白魔 麗夢
え?聞こえなぁい
御門 蘭風
御門 蘭風
気、気持ちいいから、、、と、止めないで、、、
白魔 麗夢
白魔 麗夢
クスッ、はいよく出来ました
頭を撫で、ちゅっとキスをしながら激しく動く
御門 蘭風
御門 蘭風
やぁ、、イ、イく、、、。
白魔 麗夢
白魔 麗夢
いいよ、、、一緒にイこっか
と言い、思っきり激しくする
御門 蘭風
御門 蘭風
っ!んんんんっ!
白魔 麗夢
白魔 麗夢
っく
2人同時にイく
白魔 麗夢
白魔 麗夢
どーだった?
御門 蘭風
御門 蘭風
うるさい、何回も言わせるな
白魔 麗夢
白魔 麗夢
はいはい、ごめんなさいね
御門 蘭風
御門 蘭風
、、、
顔を逸らし
白魔 麗夢
白魔 麗夢
顔を逸らすな
顎を掴みキスする
ちゅっ
御門 蘭風
御門 蘭風
っ!?
白魔 麗夢
白魔 麗夢
やっぱ、柔らかいな
御門 蘭風
御門 蘭風
てめぇ、、、
白魔 麗夢
白魔 麗夢
怒らないって約束は?
御門 蘭風
御門 蘭風
ふざけんなっ!
もう二度とさせねぇ
ってかしねぇから!
白魔 麗夢
白魔 麗夢
えーまたシたいなぁ〜
御門 蘭風
御門 蘭風
調子にのんな
変態野郎が!
                                                             
つづく。