無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第3話
放課後
生徒会にて
白魔 麗夢
白魔 麗夢
はぁ、、、疲れた〜
書記1
書記1
会長お疲れ様です
飲み物買ってきますか?
白魔 麗夢
白魔 麗夢
ううん、いーよ
書記2
書記2
会長!!
大変です!!
白魔 麗夢
白魔 麗夢
どうしたの?
書記2
書記2
じ、実は
門の前で御門さんが他校の生徒と喧嘩してまして、、、。
書記1
書記1
またあの子? 
ほんと迷惑な子ね
白魔 麗夢
白魔 麗夢
そんな事言っちゃダメだよ
もう仕事無いし
俺が行くから
じゃ〜悪いけど片付けしといてくれないかな?
書記1
書記1
分かりました
お疲れ様です、、、
校門に向かい

蘭風を見つける
白魔 麗夢
白魔 麗夢
すげぇ〜有様だな
御門 蘭風
御門 蘭風
ん?はぁ、、、
またお前かよ
因みに言うが私が売ったわけじゃない
私は買っただけ
棒付きの飴を舐めながら言う
白魔 麗夢
白魔 麗夢
売られたからって買うなよ
御門 蘭風
御門 蘭風
はいはい、、、
どうでもいいけど、何か、、、
熱あるみたいだから
帰るわ
白魔 麗夢
白魔 麗夢
ふぅーん
不良でも風邪は引くんだな
御門 蘭風
御門 蘭風
こいつらからこの飴を貰ってからなんだよな
熱くなってきたの
白魔 麗夢
白魔 麗夢
、、、ん?
今、なんて?
御門 蘭風
御門 蘭風
あ?だから
こいつらからこの飴を貰ってから
熱くなったって言ったの
まぁ、正式に言うと
こいつからだけどね
倒れてる不良の1人の頭を踏みつける
不良1
不良1
うっ、、、
そ、そりゃ、、、
その飴媚薬入りだからな、、、
声が小さ過ぎて蘭風だけ聞こえなかった
御門 蘭風
御門 蘭風
今、なんつった?
白魔 麗夢
白魔 麗夢
(心 び、媚薬入りかよ、、
そりゃ熱くなるわな)
御門 蘭風
御門 蘭風
もういい、帰る
白魔 麗夢
白魔 麗夢
送ってくよ
俺の家もこっちだし
御門 蘭風
御門 蘭風
別にいーし、、//
白魔 麗夢
白魔 麗夢
いーから、行くよ
御門 蘭風
御門 蘭風
、、、//
蘭風の息が荒くなっていき

足に力が入らなくなってきて

座り込む
御門 蘭風
御門 蘭風
はぁ、、、はぁ、、、
白魔 麗夢
白魔 麗夢
怒んなよ
お姫様抱っこする


続く