無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第4話
白魔 麗夢
白魔 麗夢
お前の家どこ?
御門 蘭風
御門 蘭風
んっ、、、はぁ、、、
そ、そこ曲がってひ、左、、、
言われた通りに歩く
白魔 麗夢
白魔 麗夢
ここか?
家の前に着く
御門 蘭風
御門 蘭風
そう、、、
白魔 麗夢
白魔 麗夢
鍵は?
御門 蘭風
御門 蘭風
はい、、、
ポケットから鍵を取り出して渡す
白魔 麗夢
白魔 麗夢
ありがと
開けて家の中に入る
家の中に入り、蘭風をベッドに横にさせる
白魔 麗夢
白魔 麗夢
大丈夫か?
(心 流石に、、、ダメだよな、、、)
御門 蘭風
御門 蘭風
し、白魔、、、。
起き上がり、麗夢に抱きつき
白魔 麗夢
白魔 麗夢
な、なんだよ、、、。
御門 蘭風
御門 蘭風
、、、して、、、
白魔 麗夢
白魔 麗夢
え?
御門 蘭風
御門 蘭風
ゾクゾクする、、、。
白魔にして欲しい、、、。
白魔 麗夢
白魔 麗夢
お、おま、、、何、言って、、、
御門 蘭風
御門 蘭風
ダメ、、、?
目に涙を浮かべ、顔を真っ赤にさせ

上目遣いで言う
白魔 麗夢
白魔 麗夢
っ!あーもー!
後で怒るんじゃねぇぞ!
蘭風を押し倒し、馬乗りになる
白魔 麗夢
白魔 麗夢
辞めてって言っても辞めねぇけど
その覚悟出来てるよな?
御門 蘭風
御門 蘭風
うん、、
続く



※主です!
今回短くてすいません!
ストーリーが浮かばなくて
遅れてしまいすみませんでした