第71話

いらっしゃい、青二才
1,355
2023/10/06 06:27
タルタリヤ
タルタリヤ
さ、ついたよ
パイモン
パイモン
凄い広いぞ!!!
あなた
うねってて進みにくそう……
蛍
足元注意しないとね
あなた
ここって採掘場なんだよね?
タルタリヤ
タルタリヤ
昔はね
タルタリヤ
タルタリヤ
今は危険区域になってて誰もいない
タルタリヤ
タルタリヤ
いるとすれば盗賊くらいだよ
蛍
ファデュイもいるだろうね
パイモン
パイモン
出会っちゃまずくないか!?
あなた
ま、そのときはそのときってことで
あなた
取り敢えず、周りの人に聞いてみよっか
パイモン
パイモン
え?
パイモン
パイモン
周りの人は…いないんだろ?
あなた
え?
あなた
盗賊がいるんじゃなかったの?
パイモン
パイモン
お前、まさか……
パイモン
パイモン
盗賊に聞こうとしてるのか!?
あなた
そうだけど………
パイモン
パイモン
無茶だろ!
相手は攻撃してくるんだぞ!?
あなた
攻撃されたら叩けばいいじゃん!
タルタリヤ
タルタリヤ
アッハハ!
タルタリヤ
タルタリヤ
やっぱり巫女は怖いねぇ
あなた
え?叩くのはタルタリヤだよ?
あなた
まだ罰は執行中だからね
タルタリヤ
タルタリヤ
その罰は俺からすれば
ご褒美みたいなものだ
あなた
んじゃ、そう受け取っておきな
パイモン
パイモン
何か、アイツ下につけられてないか?
蛍
見てて面白いし、
ほっておこう


その後、少し波乱はあったものの盗賊の言い伝え通り
スメールの入り口となっている岩の砦まで
来ることができた
あなた
これ……大きすぎない?
タルタリヤ
タルタリヤ
彼らが言うにはこの岩を叩いて
共鳴されるみたいだけど
パイモン
パイモン
こんな大きいやつをか!?
あなた
………やってみようか
蛍
私も手伝うよ
あなた
ありがと
私と蛍がその岩に触れる


と、その瞬間どこからか声が聞こえた
いらっしゃい、青二才
あなた
っ!?
その声が聞こえたとともに私の意識が遠のいた

プリ小説オーディオドラマ