無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1日目
高1の春。
こんな滑り止めの高校に受かったって嬉しくもないが、平和だったらなんだっていい。友達になりそうなやつもいたし、何事もなく始まりそうだ。
がやがやと騒がしいクラス。じじいの先生の話なんか聞くやつはいなかったし、俺はノートに落書きをしていた。
その時、ふと教室の隅に目をやると、一生懸命先生の話を聞いている人がいた。
女子ならともかく、男子のくせに真面目になっているのが気になった。
普通なら俺は気持ちわりぃって思うはずだが、俺はそいつに惹かれてしまった。
白い肌、大きな目、整った輪郭…。正直、そこら辺の女子より可愛かった。
自分が気持ち悪かった。相手は男なのに、何故か心臓がどきどきした。身体が熱かった。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

そうこうしているうちに授業が終わっていた。
普通、俺はすぐにLINEなんか聞かないけど、足が勝手にそいつの方へむかっていっていた。
俺
あ、あのさ、君、なんていうの?
ましほ
ましほ
あ、え、僕…?ましほですけど…
俺
あのさ、LINE交換していい…?仲良く…なりたいんだよね…。
(やばい急すぎた。)
ましほ
ましほ
あ…い、いいですよ。
それが最初の出会いだった。