無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

秘密(あなたside)
僕、七条 あなたには


プロデューサーしか知らない秘密があった。






僕は女性だ。


昔から中性的な顔立ちで髪も短髪。


カッコイイと言われながら育ってきたせいか


一人称は"僕"であり、身体も鍛えている。


本当はDカップある胸も


さらしのような物で潰して生活してきた。


だから自分から女性だと言わない限り


100%男性だと思われる。






スカウトされた時、その事を説明したが


女性であることは秘密にしていこう。と言われた。


グループ内恋愛禁止にするから大丈夫。


そう言われ、加入を決意した。






今までメンバーには


女性だという事はバレなかった。


あの日までは。