無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

日常 ❷
あなたside


でも、僕の勝負はここから。


1番最後にお風呂に入って、


上がってきた時、誰にもバレないように


自分の部屋に戻ること。


さすがに、お風呂上がりと寝る時は


胸潰せないから。
さつき
さつき
あなた〜、お風呂空いたよ〜
あなた
僕で最後?
さつき
さつき
うん!皆入った
あなた
はーい、ありがと



あなたside


皆部屋にいるな、よし、今だ。


皆の様子を伺いながらお風呂に入りに行く。






お風呂上がり



うん、リビングには誰もいない。


確認して自分の部屋にそそくさと戻る。


着痩せするタイプだから


少し暑いけど、大きいサイズの服を着て


胸を誤魔化す。



ここまでが毎日の僕の勝負



お風呂から上がるともう夜中


もっと早く寝たいけど、お風呂には入りたい。


1番最後に入るからいつも遅くなる。



朝も毎日勝負してる。


誰よりも早く起きて


胸を潰して着替え、ご飯を作る。


遅寝早起き。正直辛い。


でも、僕が女であることがバレたら


もう9bicとしては居られない。


せっかくできた大切な仲間を


手放したくない。
三波斗
三波斗
あなた、おはよ…
あなた
あ、三波斗おはよ
ご飯もうすぐやから待ってて
三波斗
三波斗
うん、
ALL
ALL
おはよ〜
あなた
皆おはよ。ご飯出来てるよ〜
ALL
ALL
いただきます
ALL
ALL
ごちそうさまでした
ガチャ
清春
清春
皆、おはよう
小太郎
小太郎
あー!きよおはよ〜



今日も皆揃ってレッスン。


いつものように1日が終わって


明日が始まると思ってた。






しかしその安心が崩れる時が来た。