無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

とあるお城の秘密の部屋
6ページ目
…私は、もう無理かもしれないです。
お腹が空いた。
体も思うように動かない。
……マリアンヌ様…。
もし、私が、ここで死ぬのが、運命ならば、私は生贄として死にます。
この国に平和が平和であることを願って…。
もし、私がこの場所で死んでしまい、あなた様がこれを見ているのなら、言っておきたいことがございます。
…ですので、是非、“密室”の真ん中にある、大きな岩…そこに置いてある、小瓶に入った手紙をご覧になってください。
…手間のかかることをお願いしてしまい、申し訳ありません。
スー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日記は、これで終わっていた。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡