無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
マリアンヌが過去のことを話してくれた。








「私には、二人の優秀な召使いがいた。
2人の名前は
代々王の身の回りの世話をする騎士の息子として生まれた、
スカイ=アブスブール
もともと、奴隷出身ながら、私、女王の身の回りの世話を任された、
スー
私が、“女の私が惚れるぐらい素敵な女性がいた”と言ったけど、それは彼女のことよ。
スカイは、騎士のもとで修行したのち、すぐに私につかえ始めた。
彼は、文句がないぐらいなんでも出来た。頼んだら、なんでもやってくれたし、どんなわがままも聞いてくれた。
その上、彼の作ったお菓子を超えることができるお菓子を作れる人はいなかった。
お菓子が好きな私にとって、これほど、嬉しいものはなかった。
彼が来て、かなり時間が経って、私が12…スカイが14歳の時にスーがこの城にやって来た。
彼女は、スカイとは、別のタイプで頼まれたことをやるのではなく、自分で考えて行動する…つまり、彼女は、気の利く人だったってことよ。
彼女は、お菓子では、スカイにかなわなかったけど、気の利く上、彼女を入れた紅茶は、他の人の入れたものとは比べ物にならないぐらい美味しかった。
よくこの図書室でスカイのお菓子とスーの紅茶で、お茶会しながら、2人と色々な本の話をしたりしていたわ。
また、彼女は忠誠心が強く、私のことを自分のことより大切にしてくれた。
私はそんな彼女にいつしか政治を任せるようになった。彼女がやった方が経済が上手く進んだし、何より彼女は信頼されていたので、誰もが彼女についていった。
…この国は、どんどん豊かになっていった。
…でも、彼女の存在は大き過ぎた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あいら&ふしぎ
あいら&ふしぎ
まだまだ未熟で、話を書くのがとても下手ですが、温かい目で見てくれると、嬉しいです。 投稿は、マイペースで行きます。あらかじめご了承ください。 あいら=リア主代理 ふしぎ=あいらの親友であり姉的存在 僕のヒーローアカデミア、黒子のバスケ、ハイキュー、出会って5秒でバトルなどが好きです。 一応、Twitterやってます。 あなたが損をするわけではないのでお気に入り登録や、フォロー、いいねなどしてください。(半強制) よろしくお願いします。 airi🍎🍏ファンクラブに所属中(No.2) 家族 祐希お姉ちゃん 桜花ちゃん(妹) **************** 現在、連載している作品 「愛してる。殺して。」 トガちゃんと夢主くんの恋愛物語です。 「両思いになったとき僕はその恋から覚め謎を解く」 “叶わない恋”をしてしまう探偵の訳あり恋愛謎解き物語(ストーリー)です。 《運営のおすすめに載りました!ありがとうございます。》 「傾奇者ーかぶきものー」 戦国時代の天才武士達が己の掟の為に戦うお話です。
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る