無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🚬



周りから聞こえるのは女の子の黄色い悲鳴



え…私今先輩から告白された…?



태형
태형
うん ㅎ 告白したよ?
.
.
あ… ㅎ 
태형
태형
やっと笑ったぁ‼︎
태형
태형
それで俺が聞きたいのは返事だけど?
.
.
えっと…よ、よろしくお願いします‼︎
태형
태형
よろしくね ㅎ 可愛い彼女さん?
.
.
ッ…はぃ…///



その後も嬉しくて泣きながら帰り途中で



後押しをしてくれたグガの家に行った









ピンポーン



.
.
グガッ…
정국
정국
あなたッ…辛かったね…大丈夫だよ?
.
.
違ッ…先輩に付き合おってッ…
정국
정국
…は?
.
.
グガが後押ししてくれたお陰だよッ?
정국
정국
え…ちょっと待って?
ヒョンとあなたが付き合う??
.
.
うん…
どうしてグガはそんな怖い顔してるの?
정국
정국
意味分からない
.
.
…へ?
정국
정국
ちょっと俺ヒョンの家行ってくる
.
.
え…ちょグガ⁉︎



なんと幼馴染が先輩の家へ凸りに行きます(((