無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🚬



次々に進んでいく列



その度に振られた女の子達が泣いていく姿を見た



あぁ…私もこうなるのかなと思っていた



振られる前に泣いたら駄目じゃんッ…



下を向きながら待っていると



태형
태형
…あれ?あなた?
.
.
ッ…テヒョン先輩
태형
태형
どうしたのここで?


あぁ…こうやって向けられる笑顔も最後なんだなぁ ㅎ


.
.
先輩…私先輩の事好きですッ…
.
.
振られるのは分かってます…
図々しいのは分かっていますがこれからもいつも通り接してくださいッ…


涙が止まらないよッ…



先輩の顔が怖くて怖くて見れない



きっと嫌そうな顔してるんだろうな


태형
태형
あなたッ…こっち向いて?



そう言われて顔を上げたが涙で視界が歪んでいる


태형
태형
ㅎ 顔ぐちゃぐちゃじゃん


テヒョン先輩が私の涙を拭い視界が晴れると



태형
태형
今俺の手の数は何本だ~?





(.)