前の話
一覧へ
次の話

第1話

はじまり。
500
2021/12/06 14:28


頭の中に隠れた遠い日の思い出_












満月の夜 、、夜空で煌めく無数の星の下で








そっと君と唇を重ねた。








明日が来るかわからない世界で、、もうこの想いは何処かに捨てたはずだったのに








この一瞬が永遠になればいいのにと、、そう思ってしまった










また、貴方に、、貴方達に出逢うことができるその日まで








僕は刀を振り続けるから








”だからまた、、、僕の名前をよんでね__。”














_ これは、とある一人の少女が愛し愛され苦難を乗り越えていく、、そんなお話。_