無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

要らない
翌日
私はいつもより早く起き
社長室に向かった。
「おはようございます。」
社長「やー!なんのようだね。」
「ソロデビューについてです。」
「今年のLOVE YOURSELFのライブ最終日まで私は防弾少年団として活動します。そのあとはソロデビューします。これでもいいですか。」
社長 「その方が切り良いね。よし。いいよ。」
「ありがとうございます」
「では、失礼します....」
ガチャ
終わり方はキリのいい終わり方じゃないと済まないのよ。
プルルルルルルル
「はい、もしもし」
医者 「ソユンくんに異常がでましたっ!!今すぐ来てくれますか?!」
「....っ!!」
「はい!もちろんです!」
ソユン
ソユン
死なないで。
異常ってなによ。
ただの過呼吸とかそういうのでいいから!
冗談は良くないわよ。
私はナムさんにレッスンを休むと言い病院に向かった。
「○○○病院まで!」
「早くお願いします!!!!」
〘は、はい!〙
ソユン待ってて。
今すぐ行くから。
「まだですか?!!!」
〘も、申し訳ございません!渋滞でなかなかっ!〙
「今何円!」
〘980円です。〙
お財布から1000円を取り出し運転手に渡した。
「お釣りはいりません!ありがとうございました」
私はタクシーを出て
走って○○○病院まで向かった。
○○○病院までたどり着いて
ソユンを探したけど見当たらず
病室にもいない。
そこら辺にいる看護師に聞いてみると
4階にある手術室で緊急手術が始まったらしい
それを聞いたわたしは
また4階まで走り出して
手術室前まで来た。
目の前にある椅子に座って
手術が終わるのを待っていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

MOMO💕
入賞者バッジ
MOMO💕
小説作ってるので見てくれたら嬉しいです! これからもよろしくね👍💕 ※コメントする時はタメ語でもⓞⓚ♡ 1作目 好きになっちゃダメな人 2作目 1つ欠けた7色の虹 プリ画のフォロワーが500人突破しました🎠💓 ありがとうございます🙇💗 え?他の裏切り小説のパターンが同じ? ふっ。 いいわよ。この私が最高の裏切りを 見せましょう。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る