無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

233
2021/06/15

第107話

June bride


6月6日
恋人同士が永遠を誓い、"家族"になる、結婚
この日は、結婚すると良い門出を迎えられると言われている
June bride………6月の花嫁
本来なら、男である俺にこれは関係ない
だが…今の俺は違う



今日この日に結婚すると決めたのは、あいつとの、良い門出を迎えたかったからだ──。















─June bride 炭義編─




昨日、雨が降っていたなんて思わせないほどの晴天
心に宿した緊張と不安を、一気に倍増させる鐘の音
錆兎に優しく背中をさすられ、ようやく落ち着いた
錆兎
錆兎
大丈夫か?義勇
冨岡 義勇
冨岡 義勇
あぁ…

白い扉が開く
開いた一瞬の隙から、大きな拍手が飛び交う
目の前にいる、俺が永遠を違う人
その人へ向けて、ゆっくり歩み寄っていく
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
義勇さん
未だ緊張がほぐれない俺に、優しく名前を呼びかけ、手を差し出した
冨岡 義勇
冨岡 義勇
…コク
その手を取ると、少し強い力で引かれ、俺は、炭治郎と一緒に歩き出した。
神父
新郎炭治郎、義勇、あなた達は、お互いを夫とし、健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、夫を愛し、敬い、慰め合い、共に助け合い、その命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?
炭治郎&義勇
はい

すると、もう1人の神父らしき男が、白いケースを持ってきた
"結婚指輪"だ
炭治郎がそれを手に取ると、俺の左手を軽くすくい上げ、丁寧にはめていく
俺も炭治郎を真似するように指輪をはめたあと、神父が落ち着いた声で俺たちに言った
神父
では、誓のキスを
炭治郎と目が合うと、ゆっくり一歩、俺に近づいて、にっこり笑いかけた
それにつられるかの様に口付けを交わし、会場には、大きな拍手があがった。




─June bride 錆義編─

1年前のこの日、俺と錆兎は、共に永遠を誓った
そう、今日は、俺と錆兎の"結婚記念日"だ
錆兎
錆兎
もう1年になるのか
冨岡 義勇
冨岡 義勇
早いな…
錆兎
錆兎
でも、それくらい濃い時間だったって事だ


結婚して1年、"はじめて"のことを沢山してきた
どれだけ辛くても、錆兎となら、頑張れた
錆兎
錆兎
義勇
冨岡 義勇
冨岡 義勇
錆兎
錆兎
チュッ
冨岡 義勇
冨岡 義勇
っ///
錆兎
錆兎
いつも傍にいてくれてありがとう♪
冨岡 義勇
冨岡 義勇
錆兎も…ありがとう…♪



"家族になること"
簡単に聞こえて、すごく難しいこと
でも、何があっても愛し続けるという思いが消えない限り
愛する人と、ずっと一緒いられること
あの時錆兎が、勇気を出して言ってくれた言葉から始まった
冨岡 義勇
冨岡 義勇
…これからもずっと…一緒に生きて欲しい…
錆兎
錆兎
っ…急にどうしたんだ?
冨岡 義勇
冨岡 義勇
錆兎が言ってくれた言葉…
錆兎
錆兎
まだ忘れてなかったのか…
忘れるわけがない
いつもより力強く、熱を帯びた瞳を、向けられた指輪を、鮮明に覚えている
冨岡 義勇
冨岡 義勇
すごく…嬉しかったから…///
錆兎
錆兎
それは…良かったけど…///

珍しく照れてる錆兎の頬に、そっとキスを落とす
俺からもずっと、この幸せが続いていけるように



空に架かる飛行機雲、1年前と同じ願いを、また来年まで、届けて欲しい。

























ずっと錆兎といれますように───。















アンケート

どうだった?
最高…!
76%
普通( '-' )
15%
まあまあかな
5%
ん〜、ちょっと残念…
4%
投票数: 74票



·
主
という訳で、スクロールお疲れ様でした
冨岡 義勇
冨岡 義勇
少し遅れたJune brideネタだな
主
別の小説書いてたら書くの忘れちゃってw
冨岡 義勇
冨岡 義勇
…ばか
主
可愛い…
主
それでは、また次回お会いしましょう!
主
せーの!
全員
全員
おつおつお!