無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出会いは突然に。
帰り…………………


誰もいない静かな夕方



あなた

(また襲われるかもしれない……)

あなた

はぁはぁはぁ………………………
(男の人の視線が怖い)
足元がふらつく))

???
ねえ、君…
大丈夫か? 顔色悪いよ?
あなた

(男の人だ…襲われる…)

あなた

(終わった……………)
))バタン
(倒れる)

???
!?
(俺の家に連れていくか……)













……………………………………………………………
























あなた

ん……………
!?
(ここどこ?しかもさっきの男の人がいる!)

あなた

やめて!
襲わないで❗ お願い!

???
落ち着いて。
どうしたんだよ急に。
あなた

ここは……どこなの?
怖い…………………

???
俺んち。
あなた

あの……さっき声をかけてくれた人ですか…?

???
うん。
あなた

襲ったりしないでくださいね………………

???
え!?どうした?
襲うわけないだろっ
何があった?
あなたはすこしの安心感を得た。




あなた

男の人が……怖いんです………

私、実は、
中2の時に、男の人にレイプされたんです………(泣)

???
!!?
嘘だろ……………
あなた

それ以来………男の人が怖くなって………
今でも怖くて……………

???
そうか………………………
辛かったな………………
あなた

でも、前のことですし……………

あなた

そうだ、
えっと、名前いい忘れてたんですけど、
私はあなたって言います。

???
俺はダーマ。
youtuberやってる。
あなた

どうも…………

ダーマ
親は家にいる?
あなた

親は、火事で亡くなりました。
今、私は施設で生活してて…………

ダーマ
そっか……
今、高校?
あなた

はい、高2です。

ダーマ
高2ねぇ…………
ダーマ
そうだ、親がいないなら、
ここに居ない?
あなた

え、でも、迷惑かけちゃいますよ…………

ダーマ
大丈夫。
他のメンバーにも話しておくから。
あなた

他にメンバーがいたんですね………?

ダーマ
あっ、うん。
でも悪いやつじゃないから………💦
あなた

はい…………

ダーマ
一応リーダーに連絡とってみる。
ダーマ
もしもし?
シルク
おう、ダーマ!
どうした?〉〉〉
ダーマ
実はさ、今、俺ん家に
女の子いるんだよ。
道端で倒れてたんだけど………
シルク
うん〉〉〉
ダーマ
その子、親もいなくて、
あと…………………
言いにくいんだけど、前にレイプを受けてたらしいんだよ……………
シルク
え!?
大丈夫なん!!?その子!?〉〉〉
ダーマ
だから今、俺んちで保護してる。
シルク
そうか……………
他のやつにも事情を話しとくから、
その子をよろしく。〉〉〉
ダーマ
わかった!
じゃあ、一旦切るよ。
あなた

あの…ほんとに大丈夫なんですか?

ダーマ
心配しないで。
(背中すりすり)
あなた

ひゃっ……………////

ダーマ
あっ
いきなりごめん………
あなた

いえ…………大丈夫です。








ダーマさんなら大丈夫かな…………))