無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ついに練習?
ダーマ
今から他のメンバーが来るから、
ちょっと待ってて。
あなた

え……あ、はい………///








しばらくして………………





全員
こんにちはー!
(ダーマ以外)
あなた

ビクッ!!))
(こ……怖い…………!)

ダーマ
おいおい驚かせんなよ
シルク
シルクです❗よろしく!
マサイ
マサイでーす❗
ンダホ
ンダホです☺
ぺけたん
ぺけたんでーす❗
ぺけでもいいよー
モトキ
モトキでーす!
ザカオ
ザカオです!
あなた

私は、あなたです
よろしくお願いします………………////////

シルク
驚かしちゃってごめんね🙇💦💦
あなた

いえいえ……!

シルク
じゃあ、早速で申し訳ないんだけど………
シルク
セッ○スの練習ってできる?
あなた

え…………………

シルク
将来、子供作ったりするときに
今のままだと怖いだろうし……
慣れておくためにも……………
あなた

怖い………………

シルク
無理しなくていいよ?
急にごめんな…………
あなた

怖い…けど…………

全員
??
あなた

優しくしてくれるなら………

モトキ
もちろん!
ンダホ
大丈夫。安心してね。
「背中すりすり」
あなた

はい………………









続く