無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第63話

63
サラン
サラン
こんにちは




え、、



サラン
サラン
先日ご挨拶した新しくメイク担当になった
サランです、、
サラン
サラン
もしかして忘れちゃいました?
〇〇
〇〇
いえ覚えてます
〇〇
〇〇
こんにちは
なんで家しってるの、、
〇〇
〇〇
どうかなさいましたか?
サラン
サラン
これ


それ、、


サラン
サラン
指輪忘れてたから、、




失くしたと思ってたオッパとのお揃いの指輪

サラン
サラン
大切なものだと思って
〇〇
〇〇
ありがとうございます
〇〇
〇〇
探してたんです
サラン
サラン
いえいえ^ ^
〇〇
〇〇
それじゃ、、
サラン
サラン
ドギョム?



にやっと一瞬不気味に笑ったあなた


ディノ
ディノ
あなた?

あっ

ディノ
ディノ
お客さんだった?
サラン
サラン
いえっすぐ帰りますので
サラン
サラン
それじゃあね


あなたちゃん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る