無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

165
2021/03/10

第4話

#3
??
…あなた
弓波 あなた
……あ…
??
大丈夫…?


手を差し伸べてきたのはーー


































あの幽霊達だった



??
バカね、これのどこが大丈夫なのよ
??
そ、そうだよな
弓波 あなた
……っ



久しぶりだなぁ…




こんなふうにちゃんと誰かに喋りかけられたの……



??
え!?なんで泣いてんの!?
??
…何したのよ
??
何もしてないって!!
??
…………ジトー
??
だから何もしてないってば!!
弓波 あなた
……グスッ…
??
…あなた…
??
僕達の事…覚えてる?
弓波 あなた
……?



…どうゆう事……?




??
覚えてない、か……
??
…まぁ、当たり前だよね……
??
“現世”の事なんて普通覚えていないよね…



また、まただ





なんで、そんな悲しそうな顔をするの?




また、私のせいなの?



弓波 あなた
…ご、めんなさ……
??
大丈夫大丈夫、あなたは何も悪くないから


やめて、




そんな顔しないで



弓波 あなた
……ギュッ



幽霊に抱きつく


??
……は?


……温かい





幽霊の筈なのに、温もりを感じた





それに、この感じ……




なんか…懐かしいな……



































外が寒かったせいか、意識が遠のいてしまった






next

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー