無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

183
2021/03/06

第3話

#2
弓波 あなた
……


今日も、幽霊達が私を見てる






私、何か悪い事したかな…?





父親
オイ!!あなた!!!
弓波 あなた
ビクッ
父親
これはここに置いとけって言っただろ!!
弓波 あなた
…ごめ、なさ……
父親
お前は本当に何もできないな!!
父親
あの女と一緒じゃないか!!
弓波 あなた
……



また、まただ





また私を怒鳴りつけるんだ





父親
早く酒を用意しろ!!



…私は召使いじゃないのに……




父親
聞いてんのか!?
父親
早く用意しろ!!!




お父さんが周りのものを私に投げつける





…こうなったら誰も止められない






































いつからこうなったんだろ…






元々、優しい人だったのに……






弓波 あなた
………



毎日毎日、暴力や暴言を吐き散らす




…これが、児童虐待と言うものなの?




ちょっと前に、児童センターに行って虐待だと訴えた




だけど、相手にしてくれなかった



















眠いな……





でも、私のベッドはないから




床で寝るしかない




お父さんに見つからないような場所で寝ないと……






やっぱり、外で寝るしかないか……







??
…ねぇ、あの子また外で寝てるわよ
??
児童虐待よね……訴えた方がいいかしら…
??
でもほら、あの角の奥さんが1回訴えたらしいのよ
??
そしたらね…
??
家に落書きされたり、車を壊されたらしいのよ
??
えー!!
??
そんな事されるの?
??
…訴えようにも訴えれないわね……
??
あ、そうそう
??
今日クッキーをね……




…また、見て見ぬ振りをされたな……




弓波 あなた
…寒いよ……


外には、雪がちらついていた







next

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー