無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

再会
柊が8才の時…
柊 (しゅう)
柊 (しゅう)
パパ!パパ! (泣きながら棺の中に入っている父の方に向かおうとするが親戚に止められながら
葬式が終わり…
柊 (しゅう)
柊 (しゅう)
(外の階段に座ってて
久恵 (ひさえ)
柊くん? 
柊 (しゅう)
柊 (しゅう)
お婆ちゃん… (泣き抱きつき
久恵 (ひさえ)
よしよし…辛かっただろうに… (柊の頭をなで
柊くん?これからお婆ちゃんと、柊くんのパパが暮らしてたとこに行きましょう?
柊 (しゅう)
柊 (しゅう)
うん…でも今さっきパパ嫌いっていってるお兄ちゃんいた… (それは幸人の事で
久恵 (ひさえ)
大丈夫よニコッきっと仲良くなれるわ (手をつなぎ
田舎に行き…
幸人 (ゆきと)
幸人 (ゆきと)
誰こいつ?って…あぁお前か
久恵 (ひさえ)
もう…柊くん?紹介するわね、柊くんのいとこの幸人くんよニコッ
幸人 (ゆきと)
幸人 (ゆきと)
ばあちゃんいい加減俺のこと君呼びで言うのやめてくんない?
久恵 (ひさえ)
別にいいわよねえ?柊くん
柊 (しゅう)
柊 (しゅう)
わっわかんない…
幸人 (ゆきと)
幸人 (ゆきと)
おいガキよろしく
久恵 (ひさえ)
こら!ガキじゃないわよ?柊くん!
柊 (しゅう)
柊 (しゅう)
よっよろしく…
こうしてあいつと俺の出会いは始まった…