無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

49
2021/08/02

第24話

番外編・夢主が幼児化しました☆
____澤村side


田中「ほ ほんとにあなたちゃん...?」




あなた「ふぁい...そうれす...( - - *)ウトウト」






田中に聞かれ、うとうとしながらも答える子供。


実はうちのマネージャーの霧島あなただ。








正直にぶっちゃけると











































めっっっっっっっっっちゃ可愛い







あなた「んん...」





瞼を擦りながらちょこんと座る女の子に普段の頼れるマネージャーの雰囲気はない。





見た目はそっくりなわけだが...





にしてもこれ、戻るんだろうか?






というか何が原因でこうなったんだろうか?








澤村「どうしたもんか...」





清水「...あなたちゃん、それ何?」




清水が霧島の方を指さしている。



チラ、と霧島の方を見ると、なにやらポケットに封筒が入っていた。





あなた「これぇ...?んんー...わかんにゃい...あけてみよぉ...」






菅原「寝ぼけてんな笑」




菅原が笑いながら言った。


今烏野体育館はほっこりとした空気に包まれている。

笑いそうになるのをこらえつつ、封筒をとった


さて、封筒の中身は...





ガサガサ






澤村「ええと...
『はじめまして、烏野の皆さん。
この手紙を読んでいるということは、あなたさんの異変にもうお気づきでしょう。
今のあなたさんは6歳。
10年ほど遡った姿です。
これから皆さんには彼女の世話をしていただきます。期間は1ヶ月。
最初の1週間は6歳のあなたさんを。
次の1週間は中学1年生のあなたさんを。
次の1週間は中学2年生のあなたさんを。
最後の1週間は中学3年生のあなたさんを。
住む場所など、細かいことは全てそちらにお任せ致します。
それではご健闘をお祈り申し上げます。』...

は??」

















どうしろってんだよ!!!!