無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

59
2021/08/02

第22話

番外編・夢主が幼児化しました☆
あなた「...ん...んぅ...」




ゆっくりと目を開けると、そこには見慣れた天井があった。





何ひとつ変わらない、いつも通り...


























ってアレ?





























なんか視点低くね?



















あなた「???」











え、縮んだ?





ただでさえ身長低いのに?


え?











と とりあえず鏡...




















あなた「はぁ!?」

















鏡に映っていたのは



















昔の自分でした☆

















髪の長さも身長も全部昔の私だ。







うーん...何歳ぐらいだ...?










5、6歳くらい...かな。



















ど どうしよう?



こんな姿で学校行ったら...



親がいないのが救いだな()













服がぶかぶかだし





昔の服引っ張りだそうかな...













あなた「えーと...たしかクローゼットの中の...この箱かな?」






パカ←蓋開ける音((((語彙力無





お、あたりッ☆















んー...パーカーと...ズボンでいいや
















...体育館、いってみます?

















。。。"8-(*o・ω・)oテクテク















来てしまった...いや絶対誰も私だって信じないでしょ...





今日は休もう...学校...












クルリ(方向転換)








菅原「ん?君どうしたの?」


















終わった☆
















あなた「え えーと...その...あの...えーとぉ...」






菅原「ん?」








あなた「私...霧島あなたです...」








菅原「へ?」