無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

75
2021/07/29

第20話

合宿
夕先輩は部活には戻らないものの、翔陽にレシーブを教えてくれるらしい。



だが...









西谷「スッと行って、サッてやって、ポン。だよ。」

























ちょっと意味がわからない。





























菅原「本能で動くやつの言うことは分かんないな...」


ですよね〜



影山「え、俺ちょっと分かりましたけど」







まじで?








菅原「いや、お前も似たような類だからな。お前が説明する時もドギャァンとか聞いてる方はまったくわからんから。」







あー...そういやそうだっけか。





カゲも語彙力捨ててるんだっけ←









語彙力というものを今度教えてやろう...














____ミーティングにて(小説の力☆)





武田「今年もやるんですよね!GW合宿!」




合宿してるんだ...




澤村「はい このままじゃ全然練習が足りないですから。」






武田「その合宿の最終日、練習試合組めました!」





練習試合!試合形式だと色々わかるし!!

というか、烏養先生がいない今、烏野に伝手はない...先生頑張ってんな...






武田「そして、その練習試合までの間新しいコーチに教えていただきます。」




主)ここらへんのセリフ全然わからん...
ごめんなさぁい!((((引っ込め作者






なんか今変なやつ出てきた気がしたけど、置いといていいからね。





それより、コーチか...





やっぱり技術指導者は必要だよな〜












武田「烏養くんです!」



































...ん?













烏養?この人...え?










坂ノ下商店の人...よな?



田中「坂ノ下商店の兄ちゃんだよな!?」









うん。間違いない。







武田「烏養くんは烏養監督のお孫さんです。」






烏養さんのお孫さん?






まじで?







すげー繋がりだ...

















ちなみに、練習試合の相手は音駒高校だそう。













昔は猫対烏、ゴミ捨て場の決戦といわれた名勝負...らしい。














月島が「それほんとに名勝負だったんですか?」











とか言ってた。






全力で同意。














合宿...夕先輩戻ってきてくれるかな。






















次回・エースと呼ばれた人














____



こんにちは!最近暑いですね...





みなさん、熱中症には気を付けてくださいね!





さて、今回は音駒との練習試合が決まりました。烏養先生も登場しましたね!



いつもより短くてごめんなさい...





次回はあのエースの人が登場するかもです!









気長に待っててください...







それではこの辺で!








じゃねばいッ