無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

170
2021/06/24

第2話

始まり。
私が中学3年生のころ。
興味本位で高校生のバレーを見に行った日...

あなた「さすが高校生...レベル高い!」


高校生のプレーは本当に学べることも多く、見てい楽しかった。


そんな時だ。


あるひとつのコートの試合が目に入った。


いや...コート、というより1人の...







リベロに。









そのリベロのプレーはとても静かだった。





あなた「あそこは...烏野...?」

失礼かもしれないが、烏野という高校はあまり聞いたことがない。すると、後ろから声がした。


モブ「しってるか?あの烏野、堕ちた強豪、飛べない烏って言うんだぜ。昔は強かったらしい。」



堕ちた...強豪...




飛べない...烏。













あなた「ふーん...烏野...か。」













よし。決めた。



















烏野、行ってやる!!