無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

我ら流血楓死迷奏!

ノンジャンル

我ら流血楓死迷奏!

3
4
72
2021/07/05
R18
連載中
この小説には18歳未満には適さない内容が含まれている可能性があります。
犬が食べたので無いです

チャプター

全2話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

ファルル
ファルル
投稿ペース落ちると思います、すいません...。 許可もらいました~、ずいぶん前に。 ということで今後もよろしくお願いします! した(自己紹介)の物語はどうしようかと迷い中です。 私は独りだった。 親からは愛されない、友達にも縁を切られる、皆離れていく。 そんな世界が僕は嫌いだ。 いっそ命を捨てちゃおう、何て思っても親に止められる。 自分は生きてる意味があるのか?そういってもあるとしか言わない、生きる意味なんて教えてくれない。 そんなのもう嫌だ、誰も信用出来ない、誰にも頼りたくない。 それなのに頼ってしまう、信用してしまう。 言ってることが矛盾していて、自分でも分からなくなった。 助けなんて要らない、もう誰も関わりたくない。 そんなことを思っても、やっぱり助けを求める、関わってしまう。 何がそんなに俺を動かしているの?何をそんなに止めるの? 何が愛してるだ、何が大好きだ、何が信頼してるだ、何が...。 何が...死なないでだよ...。 運命は残酷で、何処に行っても同じで、何かあっても知らないまま過ごす、楽しくても忘れる、苦しいことを思い出す。 時間は待ってくれない、始まりがあるように、終わりもある。 それは何処に行ってもあることだ。 だけど、私には終わりがない。 そんな気がして不安になる。 もしも願いが叶うなら、もしもほしいものが手にはいるなら。 私は...こう言う。 「愛して欲しい、心が欲しい」 そういうと思う。 だけど、そんな願いが叶うわけない、辛いことは辛いことの連鎖しかない、楽しいことなんて私には存在しない。 皆が幸せなら僕はそれでいいや。 自分という存在何て無くても別にいいや...。 だけど、一つだけ言えるならこう言う。 「愛して欲しかったな...」 いかがでしたか?(終わり方雑というね バイ作者より) ここまでみてくれた方ありがとうございます!闇しかないですけどね...。 それではよろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る