無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

591
2018/08/24

第11話

第一章 信じたくて信じられなくて-8
日廻つかさ
日廻つかさ
この『竜宮城』の水中クエストがクリアできなくて……協力してもらっていい?
つかさが指さしたのは、『竜宮城を荒らすクラーケン討伐』という高難易度クエスト。水中で海の怪物、クラーケンを倒すというものだった。魔法により水中で動けるようになるのだが、動きが遅くなる。そのせいでクリアできないのだろうと疾斗は思ったが、どうやら違うらしい。
つかさは赤面しつつうなだれ、クリアできない理由を話した。
日廻つかさ
日廻つかさ
私、昔海で溺れちゃって……水の中だと固まっちゃうの。だからこういう水中のエリアって、見るのもちょっと怖くて……。私自身が泳ぐわけじゃないってわかってるんだけど、どうしてもうまく動けなくなるの……
嬉野疾斗
嬉野疾斗
それは……仕方ないな
ただでさえ難しいクエストにトラウマがあればクリアできないのも無理はない。
日廻つかさ
日廻つかさ
弓って安全に攻撃できるけど、『核』を狙うのが難しくて……
『Lv99』のモンスターには必ず身体のどこかに石のような核がある。その核を狙えば動きが止められ、核を完全に壊すことができればモンスターを倒せる。
嬉野疾斗
嬉野疾斗
たしかに、水中だから狙いにくそうだな。でもこのクエスト、俺もクリアできるかは五分五分って感じだから、失敗したら、その、悪い……
日廻つかさ
日廻つかさ
え、クリアできてるの!? すごい!
つかさが大きな目を瞠って、キラキラした瞳を向けてくる。
嬉野疾斗
嬉野疾斗
(この人、こういうテンションの人だったっけ……!?)
華やかで存在感はあるが、真面目で大人しい存在だと思っていた。それが今は、妙に子どもっぽく、無邪気に疾斗を褒めてくる。
嬉野疾斗
嬉野疾斗
いや、ただ剣だと、クリアしやすいだけっていうか……。とにかく、やってみよう
照れて赤くなりそうな顔を隠すように、疾斗はスマホに目を落とす。

高難易度の『竜宮城』のクエストをタップする。ここはエリアも狭く、近距離攻撃ができる武器でないとクリアが難しい。
疾斗の武器は『西洋剣』。モンスターに向かって指で画面をフリックすると、それが斬撃になってモンスターへのダメージとなる。スタンダードで扱いやすい武器だ。
つかさの武器は『弓矢』。近距離の西洋剣とは相性がいい。つかさもそれがわかっているのか、クエストが始まると遠距離から援護攻撃をしてくれている。
日廻つかさ
日廻つかさ
嬉野くん、強いね……!
素直に感心しているのだと、そのキラキラした目が物語っている。
嬉野疾斗
嬉野疾斗
(どっちがだよ……。そっちこそ、めっちゃ強ぇじゃん。狙い正確すぎるだろ)
疾斗は使ったことがないが、弓は扱いが難しいと聞いている。放物線を描くように指をスワイプさせて的を狙わなければいけないからだ。
日廻つかさ
日廻つかさ
あ! 危ない!
画面の中ではなく、つかさの手元を見ていたせいで、ゲームの中がおろそかになった。
嬉野疾斗
嬉野疾斗
あっぶね……!
クラーケンの攻撃を避け、疾斗の剣が最後の一撃をクラーケンの核に叩きつける。
パキンと核が割れ、クラーケンは動かなくなった。
嬉野疾斗
嬉野疾斗
よしっ!
日廻つかさ
日廻つかさ
よしっ!
声が重なり、思わず目が合う。つかさはおかしそうに噴き出し、その笑顔に疾斗は目を奪われてしまう。
日廻つかさ
日廻つかさ
勝てた! 勝てたね嬉野くん! 私このクエストクリアできたの初めて! マルチプレイでも、このクエストしたいって人、あんまりいないでしょ? でも一人じゃ行けなくて! ありがとう!
子どものように喜ぶつかさに驚きつつ、疾斗は照れて顔を逸らす。
嬉野疾斗
嬉野疾斗
(この人、こんなに活き活きした顔もするんだな……)
いつも派手な女子に囲まれて、ひかえめに笑っていた少女とは思えない。きっと本当にゲームが好きなのだろうとわかる、まばゆい表情。
嬉野疾斗
嬉野疾斗
……何で、友達の前でゲームしないんだ?
楽しそうなつかさを見ていたら、不意にそんな言葉が口を衝いた。
活き活きしていた表情が、徐々に教室で見る、ひかえめな笑顔に戻っていく。しまったと思ったがもう遅い。
日廻つかさ
日廻つかさ
ひ、引かれちゃうかも、しれないし……。みんな、ゲームには興味ないみたいだから
嬉野疾斗
嬉野疾斗
そんなことで、引いたりしないと思うけど
ぼっちの俺ならまだしも、という卑屈な言葉は飲みこんだ。