無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

12
2020/01/11

第16話

秋 現実 〜トワ編〜
あなたは今日も夢を見た


と懐かしそうな顔をして話してくれた


私と秋が漂う公園へ行き

橋の上で池を眺めていたそうだ


あなたは恥ずかしそうに


ずっと私を眺めてしまった


と言ってくれた

それもきっと


私を励まそうとして


言ってくれたことなのだろう

もう外には出られなくなって


窓から覗くことしかできない私に


そんなことを言うのだもの


あなたはきっと

散ってゆくも同然の私を

今更見捨てることに


罪悪感を感じているのだろう


あの公園にあった木のように


もう一度の人生がないからこそ


落ちて土に還ろうとする私を


支えてくれているのだろう


そう信じたかった







____貴方の瞳は嘘だらけ。