無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3
2020/01/11

第15話

秋 〜トワ編〜
病院の植木が赤や黄に染まり

綺麗なカーペットを作るようになった頃も

あなたは変わらず

日に日に弱っていく私の傍に居てくれた
マコト
マコト
すっかり秋になったね。
トワ
トワ
…外は寒いの?
マコト
マコト
トワの顔が真っ赤に染まるくらいには寒いよ(笑)
トワ
トワ
変なこと言わないでよ…(笑)
こんな他愛ない会話ではあるが

それでも

楽しかった

嬉しくないわけが無かった

でも

こんな姿を見られたくない

そんな気持ちが渦巻いてしまって

本当の気持ちを隠していた

いや

自分と向き合うのが嫌で

ただ言い訳を言っているだけかもしれないな

あなたが来る時はいつも

見栄を張っていた

もしかしたら

気づかれているかもしれないが

お互いに気付かないふりをしていた
トワ
トワ
これからもっと寒くなるね。…また来てくれる?
マコト
マコト
当たり前だろ?…友達だもんな!
トワ
トワ
そう…そうだよね。ありがとう。