無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
なんで?
いつもいつも、美羽と私を比べてさ
そんなに美羽って特別かな?
もちろん、美羽はみんなとは少し違う見方で見られるのはしょうがないと思ってる。
なのにさ、私に『友達になろう』って言ってくれる子の半分は、美羽と友達になりたいから、そのついでに私と友達になっとこうって考えてる子と、美羽と仲良くなりたいって子が、まず私と仲良くなってから美羽を取りに行くんだよね。
だからってこれはひどいって
中学校生活は全力で楽しもうと思ってたのに…
結局は小学校の時と一緒じゃん