無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

失恋の瞬間
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
え…?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
今なんて言いました…?
鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
だから…えっと…
鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
みおみんの、お姉ちゃんの、美羽ちゃんのことが、好き…って
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
え……










私は、驚きのあまり言葉を失ってしまった















それと同時に、涙もこみ上げて来た
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
先輩、ごめんなさい
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
今日は私、帰ります…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
お金だけ渡していきますね








涙を堪えながらも、
なんとか私は財布から映画のチケット代を出して先輩に渡し、足早に映画館を去った





鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
みおみん…!














































やはり、先輩もそうだった




お姉ちゃんと関わるために、私を利用した










誰だってそうだ


























いっそのこと、私なんていなくなっちゃえばいいのに


































私は涙を流しながら電車へ乗り込んだ