無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

そして
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
美桜ちゃん!
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
どうだった?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
許してくれたかは分かんないけど…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
謝ってきた
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
そっか
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
それで、なんかあった?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
私、先輩の恋応援しますって言っちゃった…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
もう、朝日先輩は諦めるよ…
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
そんな……
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
だって、私なんかと朝日先輩とじゃ全然つり合わないし、
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
何より、朝日先輩は美羽のことが好きなんだから、私が朝日先輩と付き合える可能性は0なんだよ
結城凪希(ゆうきなぎ)
結城凪希(ゆうきなぎ)
でも…
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
もう、私の考えに迷いはないから!
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
心配してくれてありがとね
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
もう大丈夫!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
みおみん、突然呼び出してごめん
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
大丈夫です
鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
あのさ、この前、僕の恋応援してくれるって言ってくれたじゃん
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
はい
鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
そのことで…僕のお願い、聞いてくれる?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
もちろんです
鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
あのさ…まず、美羽ちゃんに、僕のことどう思ってるか聞いてほしいの
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
わかりました
鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
分かったら、僕に教えてね
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
はい
鈴音朝日(すずねあさひ)
鈴音朝日(すずねあさひ)
じゃあ、よろしく!












あの時、私の考えに迷いはない!とか言ったものの、私の頭の中は迷いだらけだった